スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- | | スポンサー広告

    ★スピーカーのお話 Vol.3 -正相音と逆相音、どっちが必要な音?の答

    このブログは 「★スピーカーのお話 Vol.2 -ドアに付けたスピーカーは裏の音を通すか?」 の続きです。

     「★スピーカーのお話 Vol.1 -問題です!」 ここからどうぞ!






    まいどどうも。
    ちょっととびとびになりましたがスピーカーのお話の続きを。
    ちょっと今回長くなりますよ~!


    さて。
    この間の問題はどうだったでしょうか?


    今回の問題も単純なような奥深いような。
    そんな感じですたかね?



    答は「正相音だけでいい」
    その通りです。


    door6.jpg



    けどこれ考えようによっては、裏の音(逆相音)も混ざった方が音に厚みがでて
    良さそうな気がしません?




    裏の音も、もってこれたらおいしいとこ2倍になるんちゃうん!?みたいな。



    けどこれホーム、カー関係なく
    正相音だけでいいっていうのが理想 で、
    エンクロージャーの歴史はこの正相音だけの再生を目標に発展進化してきたといって
    も間違いではないんです。




    ところで今、

    考えようによっては、裏の音(逆相音)も混ざった方が音に厚みがでて
    良さそうな気さえしません?


    って書きましたが、
    これ普通にのみこめましたかぁ?




    のみこめたってことは、裏の音も一緒に表にでてくるっていうのを
    知ってるからってことですよね?


    そうなんです。
    スピーカーの音ってどこからでてるの?
    どの部分から発生した音が鳴ってるの?
    って話になると、正面からきこえてくるんやから
    正面だけの音ちゃうの!?って何の根拠もなくこたえてしまいそうですが。。。
    (実際私は堀間さんに同じこときかれて「どこからって・・・正面じゃないの?」ってこたえました。)



    実はスピーカーの音は前回書いたように
    表からも裏からもなっていて、



    例えばこんな風に
    裏の音も反射して一緒に表にでてきてるんですねぇ。


    door4.jpg


    と。ここで一番最初の問題の”ドアにはいったスピーカーは裏の音を通すのか?”
    につながるわけですが。。。



    これ、ホームではというかカーでも勿論当たり前のことでして。

    この反射した音をいかに殺してあげるかで

    音のクリアさが決まってくる
    という。。。

    なのでスピーカーの箱の設計においてはいつもこの反射音が課題となっていました。


    長岡のおっちゃんの本でも
    「何をやっても実際一番裏の音を通すのはコーン紙だ。」と書かれています。



    ただ! クルマの場合はですねぇ~極端にいうとこうなってるわけです。



    door5jpg.jpg



    これをホームのエンクロージャー形式に例えると
    一見箱にみえますがそうではなく、平面バッフルに一番近いんです。


    色んな”穴”があるので、もはや箱というカタチをなしてないんですね。



    なのでクルマのドアは”平面バッフル”としての考え方が一番あってるんですねぇ。


    だから

    どんだけサービズホール埋めようと

    なにしようと

    クルマという特殊な環境においては

    窓はつけとかなあかんし、

    雨降ったら降ったで水抜き穴はいるしで

    箱にするのは ムリ な話なんです。




    これが最初に書いた

    ”単純で当たり前のことなのに
    車と家(カーオーディオとホームオーディオ)とゆう条件が異なることで
    この単純なことが複雑になる落とし穴があるからなんです”


    の理由ですね。



    どうしてもドアを箱に例えてしまう。
    まずこれが第一の間違いの始まり。



    そして第二の間違いが音の反射。
    順番前後してもてわかりにくくて申し訳ないですが



    何度も言うようにスピーカーの裏の音ってやつは
    全くもってイラネ。なんですよね。




    まだホームなら木なんかでエンクロージャーつくってあるから反射した音もましと
    いえばましですが
    実際反射を完全にとめることはどうしてもできないので
    それをみこしてつくられてるスピーカーもあるくらいなんでねぇ
    けど、クルマなんか最悪でして。


    その理由は一目瞭然
    ドアはぺらっぺらの鉄でできてるからで。。。


    すると当然そこでの反射音はというと想像通り
    キンキンしてて、こもってて、ざらざらとしたイヤ~な音になるわけです。




    だとすればどうするのがベストか。
    それを具体的に次のブログでは書きたいと思います。

    オーディオ神話が崩れる話もありますので
    どこまでだせるかわかりませんが
    できるだけオーディオを楽しんでもらいたいので。。。
    がんばっちゃうぞっっ


    はーまたまただらだらと長くなってしまいまして
    わかりにくかったかと思います><


    とにかく!

    ”正相音だけでいい!”ってことと、

    ”ドアは平面バッフルとして考える!”

    ってことだけ知ってもらえたらと思います!


    これはうちのオーディオに対する考え方とかそういう話ではなくて
    物理的?っていうとおかしいんかな?
    とりあえずただ単純に「事実」なんです。


    それだけわかってもらえたらと思います。


    あー自分で書いててまた「なに言いたいん?」ってブログになってるような気する。


    ではまた。







    ■イベント情報! エントリーの方はお早めに!!
    http://www.usdmjam.com/

    USDMjam20Ver_8_0.jpg




     CLAP aka HIS
     住所 〒546-0022 大阪市東住吉区住道矢田9-12-11
     Tel:06-6701-4472 Fax:06-6701-4473
     E-Mail:tech@clapakahis.com

     ホームページ

     WEB SHOP

     Yahoo! Auction

    clap_blog_qr.jpg


    スポンサーサイト

    テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

    2011.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ情報

    ガンメタハイエース Vol.7

    この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々に心からご冥福をお祈りいたします。
    被災された方々やそのご家族、まわりの方々に心からお見舞いを申し上げます。
    また、行方不明となっている方々の無事が一刻も早く確認されることを心からお祈りいたします。


    いまわたしたちにできることは前向きに希望をもつこと。
    復興に向けて小さなことからでも協力していくことだと思います。


    ひとりじゃない。日本中、世界中、みな同じ気持ちで応援しています!
    みんなで力を合わせて頑張りましょう!





    ガンメタハイエースが完成しました!!!
    59.jpg



    まえはこんな感じになりましたぁ~
    51_20110320220000.jpg




    アウター完成!スピーカーグリルも取付けてカンペキッッッ
    ハイエースのスピーカーはこの位置に付けると乗り降りするときに
    必ずあたってしまうのでグリルは必須ですもんね!
    55.jpg


    うしろにいって~
    こちらはアルミの上からビニルをはって純正っぽく仕上げました!
    56.jpg


    続いてウーファーボックス&アンプラック☆
    この間のブログにも載せましたがバスレフ、チューニング周波数40Hz。
    50_20110310031650.jpg




    納車後のオーナー様の感想は
    「ゲイリームーアきいてて気持ちいいから知らん間にボリュームあがってます」
    「もっとボリュームあげたい!」
    とのことでした!
    58.jpg


    やっぱり自分が好きな曲が気持ちよくきこえると、自然とボリュームがみなさんあがるみたいです。
    お店にきたときに、今まではそこまであげてきいてなかったって方も
    オーディオやったあとの話きいてるとボリュームがあがるって方が多いですね。

    そこから一通り慣らしが終わって再調整にきてもらう(うちでは必ず納車時に
    慣らしおわって時間あいたらもういっぺん調整きてね~と言ってます。)ときには
    大体の方が自分の好みがでてきてて、もうちょっとここをこうしたいって要望に合わせて
    ネットワークの組み換えなり、なんなりをするってパターンも多い。

    少しずつ変化を楽しむのもいいですもんね。
    私もフロントスピーカー、デッキ、ウーファー、くみかえ、やりかえ。
    いっこいっこが楽しかったもんな~
    そのたびにCDがふえて、ねむってたCDまでひっぱりだしてきたりして。
    元々車の運転するのは好きやけど、もっと好きになったもんな~
    遠出するときCD選ぶのとかめっちゃ楽しいもん。
    これとこれとこれはぜったいいるやろ~で、あれも持っていって~みたいな。
    結局そんないっぱいきかれへんのにね(笑)

    そんなわけでオーナー様、愛知からありがとうございました。
    またのご来店、お待ちしています。


    おっと、DODステッカーはもうしばらくお待ち下さいね!
    はいったら連絡させて頂きます♪



    では。




     CLAP aka HIS
     住所 〒546-0022 大阪市東住吉区住道矢田9-12-11
     Tel:06-6701-4472 Fax:06-6701-4473
     E-Mail:tech@clapakahis.com

     ホームページ

     WEB SHOP

     Yahoo! Auction

    clap_blog_qr.jpg



    テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

    2011.03.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | カーオーディオ

    Fw:友人からです

    東北地方太平洋沖地震に対して、自分もなにか力になれることがあれば…
    って思ってる人がほとんどと思います!!

    関西もできることがあります。ついさっき、関西電力が被災地に向けて電力供給が始まったらしいです。わたしたちが少しでも節電したら、被災地への電力供給の助けになる。少しの節電でも大きい支援になるらしいです

    今日ももちろん、夜がきます。強い余震が続いている為、避難場所などから一歩も外に出られない人がほとんどです。東北地方は大阪よりはるかに寒く、でも毛布は多くても一人一枚、ガスの使用が限られているため暖房器具は使えない、温かいものを飲むのにも時間がかかる、また暗くなると精神的に不安になってしまいます。

    そういうことが少しでも緩和されるように、節電しましょう!!

    同じ日本ですし、他人ごとじゃないと思います。いざとなったら、助け合うことが必要と思います。
    できるだけ多くの人に知ってほしいので、この文のままメールで色んな人に広めてください!!
    一人でも多くの命が助かりますように!!
    お願いします!!

    2011.03.13 | | コメント(3) | トラックバック(0) | SHOP情報

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    clapakahis

    Author:clapakahis
    大阪でカーオーディオの専門店をやってますCLAP aka HISのカスタムブログです。
    インストーラー堀間の大好きな音楽・オーディオ・エンジン(!)を中心に作業内容などこまか~くアップしていきたいと思います。ちなみにほりまおっちゃん只今パソコンお勉強中のためZeroがこのブログ書いてます。よろしくね~!!

    フリーエリア

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。